工法

建築 土木
HI-BEX Hyper-ストレート TBS COPITA プレボーリング
Hyper-MEGA FP-BESTEX
BESTEX,ST-BESTEX HIT
TBS
工法ページタイトル_背景

工法

低騒音・低振動の鋼管杭・中堀拡大根固め工法として開発されました。
球根部の硬化によって杭本体と拡大根固め球根を一体化させ、杭の鉛直支持力を発現させる工法で、SL杭や鋼管矢板の施工にも応用可能です。
RPとRBの2タイプがあり、どちらも建築・土木の分野で高い評価を得ており多くの実績があります。

TBS工法の特徴

建築・土木の両分野でオーソライズされた工法

建築・土木とも建設大臣の認定と国土技術センターの審査証明を取得。各分野で高い評価を得ています。

低騒音・低振動工夫

特殊拡翼機構をもつTBSビットを取り付けたスパイラルオーガによる中堀で杭を設置。ビット先端部よりセメントミルクを噴出して根固めを築造するので、騒音・振動が抑制できます。

確実な拡大根固め球根が築造、確実な支持力

ビット先端部よりセメントミルクを噴出しながら反復攪拌混合しますので、確実に拡大根固め球根が築造されます。また、杭径より大きい根固め球根により安定した大きな支持力が得られます。

連続作業でスピーディー、二次公害の発生を抑制

杭の沈殿からセメントミルクの注入攪拌混合まで一工程で行うため、効率よく施工できます。排出される土砂も少なく、一般排土として処理できるので二次公害の発生を抑えられます。

TBS工法の施工手順

TBS工法の施工手順_画像