パイル製品

カテゴリーから選ぶ コンクリート強度から選ぶ 用途で選ぶ 製品一覧

超高強度コンクリートパイル(F=105N/mm2

PHC

Pre Tensioned Spun High Strength Concrete Piles


プレテンション方式による遠心力高強度コンクリ―トパイル

超高強度コンクリートの採用により大きな軸方向力を有するPHC杭です。 導入プレストレス量によりA種、B種、C種があり、杭の壁厚によってJIS規格j標準壁厚(1)と特厚(2)があります。

SC

Steel Composite Concrete Piles


外殻鋼管付きコンクリートパイル

外殻鋼管の内側に設計基準強度F=105N/mm2のコンクリートを遠心締固めによりライニングしたパイルです。鋼管材質をSKK400相当としたパイルがSC-ONA105、SKK490相当としたパイルがHi-SC105で、杭の厚さはJISで規定された厚さの"Ⅰ"と弊社規定の"Ⅱ"があります。

ST

Step Tapered Piles


拡径断面を有するPHCパイル

パイルに拡径部を設けた基材コンクリートの設計基準強度F=105N/mm2のパイルです。
大きな水平抵抗力を得るために拡径部を上にして用いて上部に軸部より太いパイルを接続することができます。
また、大きな地盤支持力を得るために拡径部を下(杭先端)にして用いることもできます。
導入プレストレス量によりA種4N/mm2、B種8N/mm2、C種10N/mm2の3種類があり、杭の厚さでは標準厚の”1”と特厚の”2”があります。

節杭

Nodular Piles


節付きパイル

HF-ONA105パイルとは、コンクリートの設計基準強度F=105N/mm2の遠心力強度プレストレスコンクリート節くい(PHC節杭)です。導入プレストレス量はA種(4N/mm2)、B種(8N/mm2)、C種(10N/mm2)の3種別があり、くいの肉厚により標準厚(A1種B1種C1種)と特厚(A2種B2種C2種)があります。

HF-Duc105パイルとは、コンクリートの設計基準強度F=105N/mm2の遠心力強度プレストレスコンクリート節くい(PRC節杭)です。PC鋼材と異形棒鋼を軸方向鋼材として用い、かつ、せん断補強筋として高強度鉄筋をらせん状に配置しており、高い曲げ耐力とせん断耐力を有する靭性能に優れた杭です。異形棒鋼を必要な長さだけ配筋した、部分PRC節杭とすることもできます。

PRC

Pretensioned & Reinforced Spun High Strength Concrete Piles


遠心力プレストレスト鉄筋コンクリートパイル

HiDuc-CPRC105パイルとは、(社)コンクリートパイル建設技術協会が仕様を統一規定させた、基材のコンクリートの設計基準強度F=105N/mm2のコピタ型遠心力高強度プレストレスト鉄筋コンクリート杭(コピタ型PRC杭)です。
有効プレストレス量、軸方向異形棒鋼量を規定するとともに、せん断補強筋量を道路橋示方書のJIS強化杭に合致させて高い曲げ耐力とせん断耐力を有し、靭性能に優れた杭です。
異形棒鋼を全長配筋しない部分PRC杭とすることもできます。